スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食します



くるま麩、切り昆布、大根と大好物ばかりの煮物


と、大好きなウイスキー


と、大好きな映画「かもめ食堂」



幸せです



年取ったかね…
スポンサーサイト

避難者が避難…

福島から震災避難して転入しようとした子供が、その避難先の子供達に「放射能がうつる」と言われてその家族はまた福島に戻ったという記事を見ました…


なんだこれ!?


こんな事あっていいのか!?


この先どうなってしまうんだろう

悲しい…


このブログを見てくれている人達のまわりにもし福島から避難した方がいたならば、いたわってあげてください!!


ワタシの実家のある秋田にも福島から避難した方がいるみたいです

秋田のみんなヨロシクな!!

最近の膝の具合

最近、地震の件しか書いてないので別件を1つ…


ワタシの膝の件ですが、間もなく正座が出来そうな予感…( ´艸`)


まだ右膝は浮いてるよ!!
けどさー!!
もう一月もしたらペタッとしちゃうよ…
(多分!!)

こんな時だけど何か嬉しい今日この頃、ノグチゴロウ★★★★★


早くウフフな感じにはならないかな~



まぁ、焦らずね★

青葉の追記

先週見に行った時に危なっかしく残っていた南のエリアの大きな浮き石


どうやら8日未明の大きな余震で残っていた部分が落ちてました


真夜中なので人もいなかったでしょうから、まずは安心です

今日は落石のある何箇所かに×印を付けてきました
折れた竹などでも×の目印を刺して来たのでなるべく近づかないで欲しいものです




コブシの花でしょうか…満開でした
梅も綺麗に咲いていて、若竹の淡い緑色と見ていて和みました



本日のまーくん情報によると高倉山のエリアは壊滅的みたい…
青葉の比ではないらしく要注意です
そろそろ山菜とりのシーズン!!
近づかないでとは言えませんが、本当に気を付けて欲しいです

青葉の状況報告②

前の記事で載せていなかった写真を少し載せますね

まず大崩落の下から見た所
距離にすると100メートル位とお伝えしましが、幅は10メートル程でしょうか…
唖然としますね
通常のアプローチから見た崩落箇所…寸断されています
そしてその崩落の箇所
まだ崩れそうな所があり危険!!
近寄るべからず!!

崩落箇所ばかりだった訳ではなく、課題的には比較的無事なとこがほとんどでした
広場エリア

エリア名ど忘れ…

陽だまりエリアも無事
課題は無事ですが、安全かどうかはわかりません!!
余震があるうちは近寄らないようにしよう

南のエリア

チビドラゴンあった辺りでしょうか…前回も載せましたが今回は軍曹との比較写真で

青葉ビバーク、野獣死すのあるラインでは落石とともに若干の岩の浮きがある感じです
ロープスリングの下にある三角っぽい岩が浮き出してます

そして今シーズンなぜか多くのクライマーが大フィーバー(古い?)した青葉の伝説付近は、笑う中年の下部、ほぼ地面のクラックが拡がっていて…
かなり拡がったんです!!軽くジャミング出来ます
このクラックと青葉の伝説の下部のクラックが少しずつ拡がっています

あとその右側のトラバースのようになっている右はじの岩が転げていってます…この岩は元々土の上に不安定な状態であったみたいですね
でも落ちた岩を見ると大きさにゾッとします…


エリア名、課題名間違ってたらごめんなさいね

青葉の状況報告

地震の後、青葉の状態がどうなっているか確認をしに軍曹と陽子ちゃんと行って来ました

まず、待ち合わせをしたいつもの駐車スペースにも落石がありました

手前の車は私の軽自動車ですが、それと比べてもかなり大きいのがわかります

そしてアプローチ開始後しばらくで、かなりの惨たんたる光景を目にしました

かなり上から落ちて来た大きな岩…軍曹が上に乗ってますが比べてもかなり大きい事がわかると思います!!
恐らく数十トン!?かそれ以上な感じがしました
青葉に来たことがある方はアプローチの途中にお堂(祠?)があるのを知っている人もいるかと思いますが、まさにスレスレの所が崩落です
そしてこの大崩落の惨状がどこからなのかがわかりました!!
広場エリアからカエルの喉ちんこ方面へ続くアプローチ!そう、うっそうと竹が生えているあの辺りからの崩落です
正確にはつっかえ棒で支えてる岩がある少し先でした
距離にすると100メートル程の崩落でしょう
下の写真の右側がつっかえ棒がある辺りです
上から見るとまるでモーゼの十戒の如くなぎ倒された竹林…
唖然とする他には表現しようがない光景でした


更に進んでグライドのある陽だまりエリア直前の少し細い所でも崩落です

そこから更に南のエリアにまわると、ちょうど一番高くなっている辺りでも崩れていました
立ち木も一緒に崩れていて、ここだけは少し木を切らせていただき通りました
ここでは小さい林のある一番右脇、サイドポケットがあるあたりが大きく浮いて剥がれそうだったのを知っている方も多いはず…
やはりそこから落ちていましたが、下部が落ちて上部が残る不安定な状態なのです
しかもそこから上にV字状に亀裂が走り、所々欠けていて危険でした

写真では載せていませんが「青葉ビバーク」も危険です!!中間部のハング辺りが剥がれていてすぐ上の所も落ちそうでした…

その後少し戻り、青葉の伝説を見に行ったのですが、顕著な被害はないものの「笑う中年」の下にあったクラックが拡がっていて、しかも横にもかなり拡がっていて棒で指している辺りは浮き石のように動きます!!
青葉の伝説を見た方は知ってると思いますが、青葉の伝説の取り付き部分の足をのせる辺りに下に向かって細いクラックがあったのですが、そこも少し拡がっていました
さらに、青伝から右に岩がトラバースのようにあった岩の一番右側の岩も落ちていました

んで、ファイナルロックは正面ハング部のクラックからが一部落ちています!!



こうして余震がまだあるなか(実際にグライド辺りにいたらズズンと余震が来た)、少し恐いと思いつつもみんなに伝えなければと見てきた青葉は人の力ではどうする事も出来ないような自然の脅威がまざまざと爪痕として残っていました…

シーズン終わり際の時で本当に良かった!!
一緒に行った軍曹と陽子ちゃんとの心からの本音です…
駐車スペースには私達の車しかなかったので、巻き込まれた方はいないと信じています


これからこの岩場がどうなるのか、まだわかりませんが危険なのは言うまでもありません!!

もしこのブログを見ている方で青葉に行く友人がいるのであれば、一言注意をお願いします

地元の岩場が、しかも東北や関東の冬期間のメジャーエリアであった青葉のこんな状態は悲しいのですがクライマーみんなが安全であるようにと、今の青葉の報告をいたします…


そうだ、前に前に!!

実のところ、どれ程放射能を気にしたら良いのか分からないのが本音

だって初めての経験だしぃー

今のところTVで言っていた「花粉だと思えばいいんです」を実践しております!!

…によって、洗濯物はベランダに干しちゃってますよ、でも取り込むときにバサバサと払って入れます

外から帰ってきた時も、服を払って靴底を拭いて部屋に入りますよ

まぁ、出来る事ったらそれくらいだしね

あとは気合いか!?
もしかしたら免疫出来たりして…

ってのは非常識だけど、マスクしたり手袋したりして皮膚は出さないように心がけておりますm(__)m

私の住んでいるトコはまだまだいい方だ!!

もっと大変な地域があるという自覚と、もしかしたら自分達のところも…という、心の準備もありますがまずは今の精一杯を必死に!!そして願わくば楽しく生活をしていきたいですな


まず今は、久しぶりに登った筋肉痛がひどくて致し方ない感じです…

少しずつですが、登りも復興中( ´艸`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。